スタッフブログ

スタッフブログ

Gmailユーザーにメールが届かなくなる!?確認すべきポイントと対応方法

2024.02.02
Gmailユーザーにメールが届かなくなる!?確認すべきポイントと対応方法

2023年10月、Googleから新しい「メール送信者のガイドライン」が発表され、2024年2月1日以降、ガイドラインに沿った要件を満たしていない場合、Gmailユーザーにメールが届かなくなりました

上記のガイドラインでは以下のような要件が記載されています。

「メール送信者のガイドライン」について

Gmail アカウントにメールを送信するすべての送信者は下記の要件を満たす必要があります。

  • 送信ドメインにSPFまたはDKIMメール認証を設定すること
  • 送信元のドメインまたは IP に、有効な正引きおよび逆引き DNS レコード(PTR レコードとも呼ばれます)があること
  • メールの送信に TLS 接続を使用すること
  • Postmaster Toolsでの迷惑メール率を 0.10% 未満に維持し、迷惑メール率が決して 0.30% 以上にならないようにすること
  • From: ヘッダーにgmail.comを使用したなりすましをしないこと

また、1日5,000件以上のメールを送信している場合は「一括送信者」とみなされ、下記の要件にも満たす必要があります。

  • 送信ドメインに SPF および DKIM メール認証を設定すること
  • 送信ドメインに DMARC メール認証を設定すること
  • ワンクリックでの登録解除に対応し、メッセージ本文に登録解除のリンクをわかりやすく表示すること
  • サブドメインからの送信もカウントされます。(例)solarmora.comから2,500件、promotions.solarmora.com から2,500件のメールを送信の場合、5,000件のメールが送信とみなされます。
  • 現時点では、一度一括送信者と分類されると、恒常的に一括送信者として分類されます。

 

さて、正直なところ上記の要件を見ても「何を確認すれば良いのか分からない…」「どう対応すればよいのかわからない…」という方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そこで本記事では、確認すべきポイントを解説していきます。

確認ポイント① 1日あたりの送信数が5000件以上であるかどうか

1日あたり5000件以上メールを送信しているかどうかで、満たすべき要件が変わってきます。5000件以上の場合は通常の要件に加え判定基準が増えるため、より厳しくチェックされるようになります。

普段一括で送信するメールの送信数や自動返信されるシステムでどの程度メール送信が行われているのかを確認しましょう。

確認ポイント② メールサーバーは誰が管理しているか

要件にあったSPFやDKIMの設定は、メールサーバーの管理画面から行うことできるものが多いです。しかし、そもそもメールサーバーの管理を他社に委託している場合、自社では設定が変更できないということもあります。

具体的な設定方法を調べる前に、メールサーバーの管理者が誰なのかを確認しましょう。

確認ポイント③ どこのメールサーバーを使用しているのか

個人でGoogleアカウントやMicrosoftアカウントを取得して利用している方もいるかと思いますが、法人の場合、Xserverやお名前.com、WADAXなどレンタルサーバーを使用していることが多いと思います。レンタルサーバーでは管理画面からSPFやDKIMメール認証等の設定を簡単に行うことができますが、サーバーによって設定方法が異なりますので、自社が使用しているメールサーバーがどこなのかを確認しましょう。

確認ポイント④ SPFまたはDKIMの設定が有効になっているか

「メール送信者のガイドライン」では多くの要件が記載されていますが、主に関わってくるのはSPFやDKIMの設定です。設定方法はメールサーバーによって違いますが、ここでは一例としてXserverでのSPFの確認方法について紹介します。

  1. サーバーパネルにログインします。
  2. 管理画面にある「SPF設定」を選択します。サーバーパネル管理画面
  3. 対象のドメインを選択します。ドメイン選択
  4. 「設定内容」の欄がONになっていれば、SPFが設定されています。OFFの場合、右の「操作」より変更することができるので、ONに変更しましょう。SPF設定

 

最後に

まずはメールサーバーの管理状態を確認することが大事です。ただ、そうは言っても、「どうやって確認するのかもわからない…」「担当に任せっきりでどうなっているのかわからない」という方もいらっしゃると思います。

弊社では、本件のようなメール設定等のサポートから、ITを活用した業務改善方法の提案・経営戦略の立案まで、幅広くサポート致しますでの、お困りなことがございましたらお気軽にお問い合わせください。

高橋 遼太
記事作成者

高橋 遼太

アーカイブ