Webサイト・アプリのテスト・デバッグ・実機検証やソフトウェア設計・開発の技術提供をします

お問い合わせ

スタッフブログ

スタッフブログ

【3.11】東日本大震災から5年

2016.03.11

きょうは3月11日。東日本大震災から5年を迎えます。 「あの日」に起こった出来事すべてをこれからの教訓へ。 この内容をブログ記事としてココに掲載することは迷いましたが、 よく考えたら「掲載ルール」なんてものはなかった。 1年に数回あるかないかの私物化?!枠を越えて書きたいこと、伝えたいことを書こうと思います。 つたない文章ですがご容赦下さい。 深い悲しみと今までにないほどの衝撃的な現実に直面することになった「あの日」 「こんなことが起こってしまうのか・・・」と呆然となった記憶が今でも鮮明に残っています。 何かできないかと思っていて震災から1年が過ぎたある日、 「被災地を元気にしよう!」と立ち上がっている方に出会い 1年経ったいまだから必要とされることがあることを知りました。 行って何かができるわけでもない。でも行くことは出来る。 – – – 震災の1年後に被災地に赴きました。 いざ東北・気仙沼/南三陸町へ行くと、 積まれた瓦礫、津波にえぐられた丘、基礎がむき出しになった家、 途切れた線路、無惨な街の姿に言葉を失いました。 そこで、遠方から来た人にこの東日本大震災のことを伝え続けている人に出会いその方から 「あの日」この街で何が起こったのか、どんな日々が始まったのか。 短い期間のなかで多くのことを教わりました。 目を背けずに伝え続けていくこと、忘れない、風化させない、津波の恐怖 報道されない事実と向き合うこと、自分の命は自分で守ることの大切さ・・・ 忘れてはいけないことの数々です。 20160310084931 そのなかでどんなことをするために行ったのかというと 仮設住宅をまわって挨拶をし、翌日の音楽イベントの告知をして回り、 被災地の方々を招いて一緒に楽しみ、またコミニュケーションの場づくりをすることがメイン。 参加したメンバーが「それぞれのできること・得意なことをやる」というのがこの企画のもと 自分には音楽が一切できないので、食事班としてイベントに来た方々にうどんを提供していました。 また、仮設商店街に立ち寄ることや被災から立ち直ったホテルに泊まって経済をまわすことももう1つの趣旨。 そのときに、音楽ってすごいな!!!と改めて思ったのと この企画を実現できたことがもっとすごいことだと感じました。 (なんと1回ぽっきりではなく、いまでも続いているんですよ!) それから、2回目の参加は2014年。 再び東北へ行ったときには、また光景が変わっていました。 地域によってまちまちですが、復興は少しずつ行われています。 でも、あのときの街や心の傷、失ったものは返ってきません。 5年が経った今もなお、行方不明の方がいらっしゃいます。 東日本大震災により命を落とされた方々のご冥福をお祈りします。 この記事を読んで下さった方が、1つでも「できることをする」 そんなキッカケになれば幸いです。 どんなことでも事実と向き合ってできることをする! 動き続ける自分でありたいと思います。
 
ポンちゃん77
記事作成者

ポンちゃん77