Webサイト・アプリのテスト・デバッグ・実機検証やソフトウェア設計・開発の技術提供をします

PAGE TOP

01 BLOG

01フィラメントのスタッフブログ

96件中 6〜10件目を表示

いらすとれーたーと僕



細い道ですれ違いざまに左右の動きが同じになっちゃうあれ、そんな奇跡的な二人はその場で社交ダンスすればいい。そう思います。
こんにちは、いらすとれーたーはじめました。


イラストレーターだと?

そうです。いらすとれーたーです。
おしゃれな人はこれを「イラレ」と呼びます。
私はこれを「イラ」と呼ぼうか悩んでいます。(ヤメタホウガイイ)



さて、今回こんな素人が「イラレ」に手を出した結果、まんまとはまった事例をお届けしたいと思います。


イラストレーターから送られた刺客

それは・・・PDF書き出しです (マジカ!!)

ここであれかぁ、と感じるあなた、あなた、イラストレータージェダイの騎士ですね。

まずはデザイン的なところ、これはある程度のテーマがあるものの、やはり無から想像する訳です。 血が騒ぎます。(ナニモノヤ!)

ま、あれやこれやしてデザインが完成しました。


いざ、難関不落の砦、社長レビューへ


と言う事でデータを保存するわけですが、おや、ai(拡張子)ってなんぞや?これで提出して良いのか?

・・・

[オットそれはいけないぜベイビー、それでは君の言う「イラ」が無いと開けないぜ!] (シ!シショウ!!)

との事なのでこれをPDF保存しようと、、、しかし、これすら分からない私はまずググるわけです。

※ちなみにPDFにしたのはチャットワークやメールに貼り付ける都合上、サイズ的、色合い的に良さそうという理由
 あと、うちの一流デザイナーがいつもそうしているので。



ま、ここは、すんなり?PDF保存でき、PCでの確認も問題なし!という事で
早速確認して貰おうとデータ送信した訳で御座います!



続く・・・












・・・続き(ナンヤッテン!)


何かへんなん写ってるけど、これわざとなん?

社長からの一言です。

もう一度「何かへんなん写ってるけど、これわざとなん?」

高鳴ります・・

高鳴ります・・

私の鼓動が高まります!(タカマッチャッタ)



まさか!そんな!怪奇現象! 今! 今!?



確かに表示されていたのは確認したけど、恐る恐る送付データを見てました。

しっかり表示されている。

ん。。。。と考えること15秒

ここで第二の血が騒いだのです。(ナニモノヤ)

社長はスマホで見ている!

という事でスマホで確認してみた。




なんじゃーーーーーこりゃーーーー!





と、まぁ椅子からひっくり返って2回転(ウソハヨクナイ)



なんと「イラレ」で非表示にしていたレイヤーが表示されていたのです。
しかも、それはスマホだけ! PCでは普通に見れるのです!

なぜだー、とか考えながらとりあえずいらないレイヤーは削除して、


再提出したとさ。

おしまい…。
















….というわけにもいかなくて(ナンナンヤ!)


なぜ、スマホだけそんな事になったのか。


解決策はこうだ。

まずPDF書き出し時の設定で初めはスクリプトから書き出しをしていた。

pdf1

これは、書き出しがすぐ出来る、細かい設定はでてこない、つまりデフォルトの設定なのである

これを別名で保存、で書き出しをしてみる
まず拡張子をPDFで保存をすると、設定が出てくる

pdf2

ここにある「Illustratorの編集機能を保持」というチェックボックスを外す
(今回は一般オプション全てのチェックボックスを外しました)

この状態で保存すると、なんとスマホで見てもきちんと表示されました。


結果


「Illustratorの編集機能を保持」この設定で「イラレ」のレイヤー機能が働いたのは大凡見当は付きます。
この機能のせいか、スマホでは非表示のレイヤーが表示されたのでしょう。



ではなぜPCでは非表示のレイヤーが表示されなかったのか。
それはきっとPCさんは頭が良いんでしょうね。ちゃんと非表示のレイヤーを理解していたんでしょう。



以上、想像と妄想が含まれていますが、何かのお役立ちになればと思います。

2016年12月9日この記事を書いた人:やまん やまん

【2016.12】不具合レポート(Webサイト編)


師走となりますと、何かと慌ただしい年の瀬でございます。
Web制作では「クリスマス・お歳暮・お正月」などのキャンペーン真っ只中でしょうか。

今日は、そんなWebサイト検証における不具合傾向をお届けします。
※弊社で請け負ったテスト・検証案件からの集計結果です。

s_2016-12-bugtrend

 

最も多く検出された不具合事由は 「リンク誤り」
具体的な内容は以下の通り。

  • 遷移先ページが間違っている
  • リンク選択するとページリロードのみ
  • あるべきリンクが表示(有効化)されていない
  • 別タブ/ウィンドウで開いた場合に空白ページが表示される

 

2番目に多く検出された不具合事由は 「その他(見た目の違和感)」
具体的な内容は以下の通り。

  • 本文や項目タイトルの改行位置が不適切
  • ラベルテキスト位置がずれている
  • 画像の大きさが不揃いで違和感を感じる
  • 画像サイズが大きすぎて逆に見づらい

 

3番目に多く検出された不具合事由は 「レイアウト崩れ」
具体的な内容は以下の通り。

  • 画面サイズとページレイアウト幅が不一致
  • ページ内に不要な空白領域が表示される
  • テキストとコンテンツ・枠線が重複して表示される
  • 連続でリロードすると、アイコンの表示位置がずれていく
  • コンテンツの水平位置(高さ)が不揃い

 

続いて、検証環境別の不具合検出率を見てみましょう。

s_2016-12_bug_devices

圧倒的に「スマートフォン」での不具合検出率が高いことが分かります。
また、Web制作を行うPC環境では不具合検出率が低い状況にあります。

 

次に、スマートフォンのOS種別によっての不具合検出率を見てみましょう。

s_2016-12-bug_sp_os

全体の半数以上が「Android OS」による不具合検出となりました。
スマートフォン共通での不具合事項も発生していますが、
それを鑑みても「Android OS」での不具合率が最多であると言えます。

Android端末は同じAndroid OSを採用しているものの、
筐体(スマホ本体)、画面デザイン、搭載機能に差異が生じることから、
端末メーカーが変われば別物といっても過言ではありません。

また、Android OSのバージョンアップは、全メーカーが同時に更新することはなく、
こういった点がiOS端末(iPhone)とも異なる部分になります。

Android実機端末を全て揃えるのは現実的にとても難しいものの、
新機種の発売や、人気機種のバージョンアップ時には多数の実機検証が必要になります。

 

弊社では、【低コスト、短納期、高品質】なソフトウェア開発を目指すべく、
開発・リリース前のデバッグ作業、リリース前後の確認作業、アップデート前対応など、
ソフトウェア検証のスペシャリストとして質の高いサービスを提供させていただきます。
 >>お問い合わせはこちら

 >>よくある質問はこちら

2016年12月9日この記事を書いた人:ざき 

不要なデータ媒体(CD/DVD)を自己処分せよ!


Cleanup

12月と言えば「大掃除」の時期ですね。

紙媒体はシュレッダーで裁断した後にゴミ袋へ。
と、処分に困るのはデータ媒体(CD/DVD)ではないでしょうか。

様々な情報が詰まった複数のデータ媒体、
むやみやたらに”ポイッ”と捨てる訳にはいきません。

我が家でも厄介なデータ媒体が出てきました。
読み込んでもデータが表示されない(けど、何かしらデータはあるっぽい…)

ということで本日は、
データ媒体の処分方法をお届けします(。・ω・)ゞ

▸用意するもの

  • ガムテープ
  • カッター
  • データ媒体(CD/DVD)

 

▸注意事項

  • 記録面の素材に有害物質が含まれている場合があるので、マスクをつけて作業しましょう。
  • 作業後はごみ袋に入れて粉塵や破片を残さないようにしましょう。
  • カッターを扱いますのでケガには十分ご注意ください。
  • これらの情報の使用に起因する故障又は損害について、弊社は一切の責任を負いかねますのであらかじめご了承ください。

 

▸データ媒体(CD)の処分方法

img_01

1.データラベル面に切り込みを入れます。

img_02

2.切り込み部分に重なるようにガムテープを貼り付け&押さえます。

img_03

3.貼り付けたガムテープを剥がします。

img_04

4.データラベル面が剥がれるので、気が済むまで2~3を繰り返してください。
 ※剥がれたラベル面にデータ(情報)が詰まってます。

img_05

5.徹底的に剥がすとこうなります。1分くらいで作業できますよ。
  ※ガムテープとプラスチックの円盤は自治体ごとの処分方法に従い捨ててください。


 

▸データ媒体(DVD)の処分方法 *片面一層式DVDでの例

img_06

1.DVD媒体はディスクを2枚貼り合わせているので、1枚ずつに剥がします。
  まずは、ディスクの中央部分にカッターを差込み、一周分回していきます。
  ※カッター作業の際はケガをしないよう十分お気をつけ下さい。

img_07

2.貼り合わせの2枚を引き剥がします。

img_08

img_09

3.テカテカした方のディスク円盤がデータ記録層です。この状態で廃棄しても良いです。
  が、しかし、念には念を入れる場合、続いて以下の作業を実施しましょう。

3-1.テカテカした方のディスク円盤を紙ヤスリ等で摩擦し傷を付ける
3-2.傷を付けたディスク円盤をハサミでカットする

img_10※画像は3-1を飛ばして3-2の状態です。
(紙ヤスリがありませんでした。ごめんなさい。)

 

いかがでしたか?
今回はコストをかけずに小数メディアを処分する方法をご紹介しました。

くれぐれも、
機密事項がたくさん詰まったデータ媒体や、処分する媒体数が膨大な場合、
専門の情報廃棄業者やメディアシュレッダー等を積極活用してくださいね。

2016年12月7日この記事を書いた人:ざき 

プッシュするなら明確かつ控えめに…


sleeping

神経質が仇になり、深夜のプッシュ通知も即時反応します。 
皆さん おはようございます、今週も月曜日の到来ですね。

今日の話題は「プッシュ通知」
スマホやタブレットを使用していると、高頻度で届きますよね。

しかーし、届いたからと言って必ずしも重要な内容ではなかったり、
「なにこれ、今何時だと思ってるんだ!?(特に深夜、丑三つ時辺り)」
という事も、しばしばあったり、なかったり。

止まぬ通知に腹が立って仕方なくなってくると、
アプリは削除!サービスは解約・退会!
というセオリーを繰り返して、気付きます。

同じように煩わしい思いを抱えている同志、割と多いのではなかろうか?

という訳で調べてみたところ、 ジャストシステム株式会社が発表した興味深い調査資料を発見。

プッシュ通知に関する実態調査

  • 調査期間:2016年3月10日(木)~3月15日(火)
  • 調査対象:スマートフォンを所有する10代~50代の男女1,000名

※調査方法は、株式会社ジャストシステムのセルフ型ネットリサーチ「Fastask(ファストアスク)」でのアンケート調査。

1日に届く平均的な「プッシュ通知の件数」

daily_push
これを見ると、「5~10件未満」が最も多く35.2%、
次いで、「5件未満」が28.3%、「10~20件未満」が21.6%となっています。

どんなプッシュ通知が開封されやすい?

push_opened
ここで注目すべきは、
75.2%の人が「内容やメリットが分かりやすいプッシュ通知」を開封すると答えている事実。
(※データより、「開封しやすい」「比較的開封しやすい」の合計)

送られた内容や重要度がパッと見て理解できれば、開封されやすいと思われます。
逆に、一見しただけでは内容や緊急性が判別出来ないものは後回しになると推測。

見るまで溜まるアイコンバッジの恐怖

push_icon_badge
回答の第1位に上がった「アイコンバッジ型のプッシュ通知を見るとゼロにしたくて開封してしまう」
そう、これこれ、これです。
全体の55.2%の方々、お気持ちお察しします。

今すぐ見なくても良いんだけど、バッジに表示された通知件数が気になって気になって…
不必要な通知も瞬殺表示でクリアに、アイコンバッジもクリアに、という自身のセオリーと重なります。
出来るなら「気にならない・気にしない(気付かない・見ても忘れる)」ようになりたいです。

毎日同じ更新タイミングにくるプッシュ通知は見ない!?

push_etc
毎日同じ時間に送られてくるプッシュ通知について、「内容を見ないことが多い」と答えた人の割合は60.5%
(※データより、「あてはまる」「ややあてはまる」の合計)

これは恐らく、インストールしたアプリ内の「お知らせ配信」の類が多く該当するのではないかと思います。
デイリーでの通知設定をONにしたものの、「あ、この時間でこれ、あぁ、あれか」的な感じで未読GOでしょうか。

また、頻繁に送られてくるプッシュ通知が原因でアプリを削除した経験があるのは46.6%と高い水準です。
望まない押し売りが続くとプッツン(アプリ削除)するのでしょうね。えぇ、経験者なのでよく分かります。

個人的に特に気になったのは、
「他の人と一緒にいるときに来てほしくないプッシュ通知がある」と答えた人の割合が42.0%、
これ、具体的にいうと何なんでしょうね。どんなプッシュ通知が見られたくないのでしょうか?
お心当たりがある方は、コソッと教えてください。(秘密厳守で他言しません)

アプリの数だけ通知があります。
利用しているユーザを手放すことなく、更なるユーザを獲得するためにも、
プッシュ通知のアプローチは重要要素の1つであると言えますね。


 

※ブログで使用した資料は以下より無料でダウンロードできます。
▸マーケティングリサーチに関する情報サイト
「Marketing Research Camp(マーケティング・リサーチ・キャンプ)」
『プッシュ通知に関する実態調査』

2016年12月5日この記事を書いた人:ざき 

(リモワ日記)決算報告と懇親会


img_sky

年の瀬に向かって慌しい毎日ですね。
お久しぶりです、完全なるリモワ社員こと【ざき】です(。・ω・)ゞ

先日、会社の決算報告に伴い名古屋本社に出張してきました。
南国宮崎との気温差に怯え、上着やヒートテックを詰め込み、いざ出陣。

 

▸中部国際空港に到着

 

空港から本社ビルまで電車と地下鉄で向かいつつ、
地下鉄出口を過ぎた瞬間に悟ってしまいました。

名古屋 温かいじゃん!!

image

まぁ、ビビリすぎた自分の負けですよね。(荷物重かっただけ損)

 

▸本社オフィス到着

 

久しぶりの再会でビデオ越しではない会話を楽しんだり、
自分の業務PCでしか発生しない様々な問題を披露したり、
技術的な相談や業務に関する協議など、脱リモワで仕事をしました。
(本社出張が決まると、現地で何を行うか、事前にまとめる癖がつきました)

 

▸決算報告会

 

神田社長をはじめ、顧問税理士さん、社員全員で粛々と進みました。
年間を通しての業務実績や利益率など、数値で見ると意識も変わります。
これらを踏まえて、今期どうやって会社を成長させていくか、会社としてのビジョン等々。

個人的に一番注目した内容は、「連携・チーム制」について。
弊社にはいわゆる、部署やチームがありません。
それぞれが専門性を持ったスペシャリストという立場で業務を行っています。
しかし、そういった特性から業務過多や負荷分散などの課題も発生します。
今期はチーム制を導入するという事で、スキルアップやコミュニケーションの幅が広がりそうです。

 

▸懇親会

 

konshinkai_02

本社出張の折には毎度、懇親会という楽しい飲み会が催されます。
美味しいお酒や料理を堪能しながら、専門性を持ったスペシャリスト個人の本音が表面化する場です。
そして面白いまでに、会話の中心が「仕事」になるのも弊社特有でしょうか。
「プライベートは個人情報」とか、そんなことを思ってる社員は居ない筈ですが、
毎度毎回、仕事や業務についての話題が自然に場の中心になっちゃいます。

普段、離れた宮崎でリモワをしている手前、懇親会という名の「飲み会」はとても楽しみです。
これまたリモワ社員となって感じた「リモワあるある」の1つだと思います。
お酒が好きというのもありますが、社外での社員コミュニケーションは大切だと思うんです。
相手の人となり(感性・性格・好き嫌い)を知るには絶好のチャンスですから。
今年の忘年会は、名古屋と宮崎のビデオ通話で開催するかもしれません。こちら自宅ですけど。

 

▸おわりに

 

久々の本社出張でしたが、同じ場所で同じ時間を過ごす職場の仲間気分に浸れました。
「連帯感」や「チームプレー」という意識的な重大要素を思い出せて良かったです。

リモワ業務が安定すると、時々とても「孤独」を感じる瞬間があります。
どこで仕事をしようともネットがあれば自由ですが、見方を変えると「(いつも)おひとり様」です。
社員としてメンバーとして、同じ方向を向いて共に頑張っているという実感を欲するのも正直な話。

フル充電できたので、次の出張まで気張って前向きに昇進します!

※面白い顔が苦手なスペシャリスト全体写真

konshinkai_01

<<Stay tuned for next time >>

2016年12月2日この記事を書いた人:ざき 

96件中 6〜10件目を表示

Created by 01filament Co., Ltd. - Copyright 2014