PAGE TOP

01 BLOG

スタッフブログ

10件中 1〜10件目を表示

【2016.12】不具合レポート(Webサイト編)


師走となりますと、何かと慌ただしい年の瀬でございます。
Web制作では「クリスマス・お歳暮・お正月」などのキャンペーン真っ只中でしょうか。

今日は、そんなWebサイト検証における不具合傾向をお届けします。
※弊社で請け負ったテスト・検証案件からの集計結果です。

s_2016-12-bugtrend

 

最も多く検出された不具合事由は 「リンク誤り」
具体的な内容は以下の通り。

  • 遷移先ページが間違っている
  • リンク選択するとページリロードのみ
  • あるべきリンクが表示(有効化)されていない
  • 別タブ/ウィンドウで開いた場合に空白ページが表示される

 

2番目に多く検出された不具合事由は 「その他(見た目の違和感)」
具体的な内容は以下の通り。

  • 本文や項目タイトルの改行位置が不適切
  • ラベルテキスト位置がずれている
  • 画像の大きさが不揃いで違和感を感じる
  • 画像サイズが大きすぎて逆に見づらい

 

3番目に多く検出された不具合事由は 「レイアウト崩れ」
具体的な内容は以下の通り。

  • 画面サイズとページレイアウト幅が不一致
  • ページ内に不要な空白領域が表示される
  • テキストとコンテンツ・枠線が重複して表示される
  • 連続でリロードすると、アイコンの表示位置がずれていく
  • コンテンツの水平位置(高さ)が不揃い

 

続いて、検証環境別の不具合検出率を見てみましょう。

s_2016-12_bug_devices

圧倒的に「スマートフォン」での不具合検出率が高いことが分かります。
また、Web制作を行うPC環境では不具合検出率が低い状況にあります。

 

次に、スマートフォンのOS種別によっての不具合検出率を見てみましょう。

s_2016-12-bug_sp_os

全体の半数以上が「Android OS」による不具合検出となりました。
スマートフォン共通での不具合事項も発生していますが、
それを鑑みても「Android OS」での不具合率が最多であると言えます。

Android端末は同じAndroid OSを採用しているものの、
筐体(スマホ本体)、画面デザイン、搭載機能に差異が生じることから、
端末メーカーが変われば別物といっても過言ではありません。

また、Android OSのバージョンアップは、全メーカーが同時に更新することはなく、
こういった点がiOS端末(iPhone)とも異なる部分になります。

Android実機端末を全て揃えるのは現実的にとても難しいものの、
新機種の発売や、人気機種のバージョンアップ時には多数の実機検証が必要になります。

 

弊社では、【低コスト、短納期、高品質】なソフトウェア開発を目指すべく、
開発・リリース前のデバッグ作業、リリース前後の確認作業、アップデート前対応など、
ソフトウェア検証のスペシャリストとして質の高いサービスを提供させていただきます。
 >>お問い合わせはこちら

 >>よくある質問はこちら

2016年12月9日この記事を書いた人:ざき 

10件中 1〜10件目を表示

≪ワード解説≫ファビコンってなんぞや?


01word_logo
ご無沙汰ぶりのワード解説です!
今日のテーマは『ファビコン』について(。・ω・)ゞ

えっ?ファミコン?
famicon
違います、『ファビコン(Favicon)』ですよ。

 

ファビコンとは…
Favorite icon(フェイバリット・アイコン *お気に入りアイコン)という英語句を短縮したもの。
主に、PCブラウザのアドレスバーに表示されるアイコンを指します。

ネットを使っていると知らず知らず目にしているはず。
でもって、こんな感じで表示されます。
favicon_01filament
気付きました?
アドレスバーのみならず、ページをブックマークした時のアイコンとしても使われます。

 

ちなみに、ファビコンが設定されてないとこんな感じで表示されます。
no_favicon
たかが「見た目」、されど「見た目」
ファビコンが設定されてないと、ページの信頼性が低い印象を受けます。※個人的な見解です

今の世の中、Webサイト・Webページは溢れかえってますので、
ひょいと気になったものがあれば、設定されたファビコンを観賞するのも楽しいですよ!

2016年12月1日この記事を書いた人:ざき 

10件中 1〜10件目を表示

アプリのテスト/検証は01WORKS


01works_speed_up

 

新機種の検証をイチ早く実施!!
新機種の発表に合わせ保有予定者を事前に確保!
新機種対応もイチ早く検証できます!

 

OSのアップデートは多機種検証!!
複数環境での検証を手軽に依頼でき、漏れなく、迅速に対応します!

 

一斉検証で時間短縮!!
膨大なパターン数の検証も一斉に行えます!
実機テストに費やす時間とコストの大幅削減に繋がります!

 

想定外の不具合を発見!!
本来のユーザー操作に限りなく近い環境でのテストが可能です。
思いもよらない不具合も早期発見できます!

 
01works_add

★次回バージョンアップのために20代女性の意見を200人分集めたい!

★新アプリのプレゼンに向けて市場調査の内容を企画に盛り込みたい!

★新機能実装後にユーザーから不具合報告が・・ 直ちに特定の操作を多機種で確かめたい! などなど

 

01WORKSの活用は1010

アプリだけではなく、ウェブサイトのテスト・検証にも対応!

ご利用事例

●ゲームアプリのフリーデバッグ・シナリオ到達テスト
●観光アプリのユーザビリティテスト(テスター:対象地域外の居住者)
●カメラアプリのユーザビリティテスト
●公開前コーポレートサイトのテスト・デバッグ
●運用中ECサイトのユーザビリティテスト・機能テスト(テスター:サイトターゲットの年代・女性)
●マーケット調査ウェブアンケート
他多数

展示会出展・参加団体

Interop Tokyo 2016 (APPS JAPAN) 出展
スマホ研究会
中部アイティ協同組合

01WORKS  by 01フィラメント株式会社

01works_service

お問い合わせ・見積り依頼・料金案内等の資料請求はコンタクトページからお願いします。
電話受付:052-684-7386(平日10時~18時)

 

contact_button
 

 

《人気の記事》 01フィラメントBLOG

開発者が気になるスマホOSシェア率のお話
スマホ端末のOSシェア率を知る!(後編)

専門用語の解説シリーズ
テストとデバッグの違い解説

《番外編》

会社名が数字から始まる弊社。その由来とは?
01フィラメント株式会社のご紹介

日常の中にも検証会社の真髄が・・・
炊飯器の蓋が開かない!?

 

2016年10月18日この記事を書いた人:ポンちゃん78 ポンちゃん78

10件中 1〜10件目を表示

バージョンアップ、リニューアルのその前に!


開発サイドの悩みの種として付きまとうこのテーマ・・・
『Webサイト・スマホアプリの【使ってみた印象】や【使い心地】をサクッと調べたい!』
そんな悩みを解決できるユーザーアンケートサービスのご紹介です。

 

ユーザーアンケートって?

マーケティングご担当者様、必見です

貴重な貴重な、お客様の声 ‐‐‐ 多くの企業が実施しているお客様アンケートのWeb版です。
厳しい意見、暖かい意見も、【聞いてみないとワカラナイ・・・】のが実情。
一般ユーザーへのアンケート調査をすることで強みやウィークポイントなどが明確に見えてきます。

具体的な回答の中にヒントが!
〇〇だろう、〇〇みたい、→ 〇〇だ、〇〇と言っている
一般ユーザーを対象にしたアンケート調査を効果的に行うことで、企画時に不足しがちな材料を揃えることができ、ユーザーとの間に発生するギャップを埋めることができます。

ターゲットを絞る

年代・男女・地域を絞って、ターゲットに直接アプローチ

マーケティング戦略にはターゲティングが重要な要素の1つです。
そのサービスのターゲットは誰なのか、その人たちが手にしたとき・見たとき・使ったときに、
どんな印象を抱き、どのような反応を示すのかがキーとなります。

例えば、次のような場合で ‐‐‐
■地域の観光アプリを作っていて、ある日ふと、こんなギモンが。
ところでこのアプリ、県外の人にとって魅力的なものなのか・・・

■ある商品を取り扱うECサイトを運営しているが、なかなか売上が伸びない・・・
問題点を探そうにも専門知識がなくてわからない・・・
(*ユーザーアンケート+アクセス解析サービスの併用をおすすめします)

まずは、課題点の発見がスタート地点です。

クラウドソーシングが便利!

01フィラメント株式会社は自社独自の登録制クラウドソーシングサービス『01WORKS』を運営しています。

ターゲットの意見を収集するために、20・30代の女性50人にアンケートを取りたい!
しかし、次のステップで課題になるのが【さて、どうやってその人たちに聞くのか】

つぎに、なんとかしてアンケートを実施できたときに
【有効数が少ない・・・】という状況に陥ってしまうことも・・・

これらの煩わしさを取っ払い、サクッとアンケートを取れたら・・・
そこで、このようなアンケートを取るための手段としての01WORKSがあります!

内容を決めて調査のお願いをしたら、あとは結果を待つだけ。(集計などの手間がかかりません)
ターゲティングをした上で、Webを活用して簡単にアンケートを取れ、
実施管理と集計までを丸ごと依頼できます。


サンプル資料・料金表

結果報告書や料金体系の資料請求はこちらから

どのようなサービスなのか、まずはお試しプランをご利用ください。

2016年07月23日この記事を書いた人:ポンちゃん78 ポンちゃん78

10件中 1〜10件目を表示

≪ワード解説≫ポートレート表示とランドスケープ表示


01word_logo

皆さん こんにちは!
今日のテーマは『ポートレート表示とランドスケープ表示』です(。・ω・)ゞ

長めの横文字が2つですね。
以前の『デバッグとテスト』より長文字になりましたがご安心を!

では早速~

≪ポートレート表示(Portrait Display)≫
モバイル端末(スマホ・タブレット等)の縦向き状態での表示

≪ランドスケープ表示(Landscape Display)≫
 
モバイル端末(スマホ・タブレット等)の横向き状態での表示

♦要するに、モバイル端末が縦横どちらの向きなのか

例えばWebサイトを見ているとき、アプリを使っているとき、
端末の向きによって表示内容が変わることありますよね?
(それです、それそれ。イメージしたもので合ってます)


イメージが合っているか見てみましょう。※弊社サイトのトップページ

▼ポートレート表示
IMG_3443

 

▼ランドスケープ表示
IMG_3444

ちなみにWebサイト・アプリどちらもですが、
縦横 両方の表示に対応するものと、そうでないもの(縦のみ・横のみ)があります。

その違いを見極めるのは単純です。
見ている端末の向きを『縦(ポートレート)と横(ランドスケープ)』にするのみ!

時々ですが、縦横 両方の表示に対応していると表記したアプリで、
実際は「横(ランドスケープ)表示オンリー」というバグを見かけます。
(お仕事の範疇外なので、報告はしないです。ゴメンナサイ。)

皆さんも思い付いたら試してみてください~
ちなみに自分は安定の『縦(ポートレート)表示派』です(・Ω・)ノ

2015年12月24日この記事を書いた人:ざき 

10件中 1〜10件目を表示

≪ワード解説≫パンくずリスト


01word_logo
皆さん こんにちは!
今日のテーマは『パンくずリスト』です(。・ω・)ゞ

えっなになに、それ食べ物系なの?と思った方、
こちらも立派なWeb用語ですので、この機会にお見知り置きを~

≪パンくずリスト(Breadcrumb List)≫
①Webサイトで閲覧しているページがどこなのかを示すナビゲーション
②由来は、童話「ヘンデルとグレーテル」の主人公が森で迷子にならないように、
自分達が通った道にパンくずを置いていったエピソードに由来している
♦要するに、閲覧しているページまでの道のり(経路)が分かる要素

では今回も、弊社サイトを例に実際の表示内容を確認しましょう。
breadcrumb list
パンくずリストを見ていただくと一目瞭然ですね~
[Home → 01フィラメントのスタッフブログ → ≪01ワード解説≫グローバルナビ]

サイトを見ながら迷子にならないようにチェックしてください(・Ω・)ノ

2015年12月17日この記事を書いた人:ざき 

10件中 1〜10件目を表示

≪01ワード解説≫グローバルナビ


01word_logo
皆さん こんにちは!
今日のテーマは『グローバルナビ』です(。・ω・)ゞ

様々なWebサイトが犇めき合う昨今、
サイト内のページ数・コンテンツ数も格段に増加していますね。

見ている側からすると、
①今どのページを見ていて
②次の目的ページに移動するために
③どうすれば良いのか
という動線が自然に理解出来るWebサイトが望ましいですよね。

そんな要望に応える為に設置されるのが『グローバルナビ』でっす。

≪グローバルナビゲーション(Global Navigation)≫
①Webサイト内の各ページに共通して設置されるメニュー
②Webサイト内の各コンテンツを案内する役割を持つ
♦要するに、Webサイト内の各ページやコンテンツへのショートカット

ちなみに、PC環境とモバイル環境では、この『グローバルナビ』の見え方に差があります。
弊社サイトを例に表示内容を確認してみましょう。

■PC環境
pc_navi

■モバイル環境
SP_navi1

SP_navi2

PCと比べるとモバイル端末は画面サイズが小さいため、
ナビゲーションのメニューもコンパクトになりますね。

各Webサイトによって『グローバルナビ』の表示アイコンも様々ですので、
その違いを見てみるのも面白いですよ(・Ω・)ノ

2015年12月11日この記事を書いた人:ざき 

10件中 1〜10件目を表示

≪01ワード解説≫デバッグとテスト


01word_logo

こんにちは、リモワ社員の【ざき】です(。・ω・)ゞ

今日のテーマは、『デバッグとテストの違い』でっす。
よく混同されますが、両者は全く持って異なりますのでご用心~

≪デバッグ(debug)≫
①発見されたバグ・不具合の「原因」を特定
②原因となった「プログラム・ソース」を修正
③修正によって「バグ・不具合」が解消されたことを確認
♦作業する人は「開発担当者、デバッガー」

≪テスト(test)*1≫
①対象物*2の「バグ・不具合」を発見(検出)
②開発者に対して①の内容を報告
③開発者による修正後に、「バグ・不具合」が解消されたことを確認
♦作業する人は「テスト担当者、テスター」
*1 ソフトウェアテストとしての意味
*2 システム、ソフトウェア、アプリ、Webサイト等

ざっと書くとこんな感じです。違いがお分かりでしょうか?

デバッグを行うのは「開発担当者」となります。
対して、
テストを行うのは「テスト担当者」となるのです。

両者が混同されやすい要因は多々ありますが
是非この違いは覚えておいてください~(・Ω・)ノ

2015年12月7日この記事を書いた人:ざき 

10件中 1〜10件目を表示

スマホ端末のOSシェア率を知る!(後編)


前編では「スマホ端末のOSシェア率の重要性」について書きましたが、
後編では「OSシェア率の情報を入手する方法」を書き連ねます。

最近のスマホOSは大きく2つに代表されます。
全世界シェア率 No.1 Android
全世界シェア率 No.2 iOS

えっ!?と思われた方も多いでしょう。
iOSよりもAndroid OSの方がシェア率が高いのです。
(理由についてはまた今度、機会があればご紹介しますね。)

本題に戻りまして、
まずは「Android OS」のシェア率を確認してみましょう。
【Android Developers サイト(英語表記)】
※Androidアプリ開発者向けのサイト

And_Developers1

画像の項目説明です。
①OSバージョン情報
└各OSバージョン、コードネーム(OS名称)、APIレベル
②OSバージョンのシェア率
└全世界でのOSシェア率
③情報取得の対象期間
└今回の情報は「2015/11/02から7日間の期間」で取得されたデータ

情報の見方はこれだけです。
英語表記ですが不便さは少ないと思います。

次に「iOS」のシェア率を確認してみましょう。
【iOS Developer サイト(日本語表記)】
※iOSアプリ開発者向けのサイト

iOS_Developer1

オレンジ色の枠で囲った部分に情報が表示されます。
└OSバージョン毎のシェア率(%)、App Storeのデータ集計期間
★Androidシェア率と比べると構成がシンプルですが、細かなOSバージョンについては情報がありません。

例えば、上の画像から「iOS9」のシェア率が高い事は分かりますが、
メインバージョン以外(マイナーバージョンやメンテナンスバージョン)のシェア率は判別できませんよね。
(そして、この画像の中には誤記載があるのですが・・・皆さんお気付きになりましたか!?)

勿論、ここで紹介しているサイト以外の有用データサイトは多数存在しています。
しかしながらその大半は、「シェア率のデータを購入する」という形態が多いのも事実。

今回は無償でサクッと確認出来る方法をご紹介した次第です!
そんなこんなでまた次回お会いしましょう(・Ω・)ノ

2015年11月26日この記事を書いた人:ざき 

10件中 1〜10件目を表示

スマホ端末のOSシェア率を知る!(前編)


検証のお仕事をしていると気になるのが「OSシェア率」です。

例えばよくある事ですが、
リリース前のアプリの動作確認を行う場合に、
それぞれOSバージョンが異なる「A」という端末2台(A-1 & A-2)で同一のテストを行うとします。

SP_image

[A-1]の端末では問題なくアプリが動作するのに対し、[A-2]の端末ではテストの最後でエラーが出てしまう。
はい、これよくあります。むしろ、よくありすぎて「検証あるある」と呼んでいます。(冗談です)

単純に考えれば、同じ端末でOSのバージョンが違うだけなのに、何故?と思いますが、
スマホ端末を使用する為の必要な基本ソフトウェア=OS(オペレーティングシステム)なので、
バージョンが違うという事は、良くも悪くも相違点があるわけです。同じではありません。

SP_image2

とは言え、スマホ端末も機種によって対応しているOSバージョンが様々です。
メーカーは発生した不具合やバグの改善、新しい機能をOSアップデートで提供しています。
ユーザも、購入当初の古いOSバージョンを今現在も使い続けるなんてことはありません。

 

検証する側の理想は、
全スマホ端末×(その端末の)初期のOSバージョン~最新OSバージョンで「検証」を行う。
ですが、これには膨大なコストと管理の手間がかかりますので現実的ではありません。

そんな中、実用的で有意義な検証を行う手段の1つが、
【シェア率の高いOSバージョン】に対する優先的な検証の実施です。
★最もユーザ数が多いOSバージョンの品質を担保する

アプリは誰かに使ってもらってこその「アプリ」です。
スマホ端末で全く動作しないアプリは誰にも使ってもらえません。

リリース後に一番多く使ってもらえる可能性が高いのは「シェア率の高いOSバージョンを持つユーザ」です。
検証指標の1つとして「OSバージョンのシェア率」は重要な意味を持っているのです。

前編はここまで!
次回、<スマホ端末のOSシェア率を知る!(後編)>をお楽しみに~~

2015年11月25日この記事を書いた人:ざき 

10件中 1〜10件目を表示

Created by 01filament Co., Ltd. - Copyright 2014